top of page
  • 執筆者の写真スタッフ 黒田

「樋口雅山房 展」本日から開催です



大漁豊作めでたしめでたし
大漁豊作めでたしめでたし

日々、少しずつ、春に近づいていきますね。


さて、本日から、店内レジヨコにて、書家 樋口雅山房さんのミニ作品展を開催しております。昨年に引き続きの2回目となる展示会です。


「書には詳しくなくて…」、と思っている方にこそ見ていただきたい展示会です。雅山房さんの作品はどれも親しみやすいものばかり。書かれた文字の意味が自然と伝わってきます。おおらかな筆遣いの作品は、見ているだけでほっこりと優しい気持ちになります。


展示会は、4月17日(水曜)までです。(ただし、期間中、3月28日、4月4日、11日は休業。)この機会に、ぜひお立ち寄りくださいね。


※ 作品は販売しております。

・額装 書作品     12,000円、20,000円、36,000円

・シルクスクリーン作品 8,000円

このほか、トートバッグなどのグッズ販売もあります。 


《 樋口雅山房 プロフィール 》

1941年札幌に生まれる。加納守拙に師事。森田子龍、井上有一と出会い墨人会に参加。

1966年墨人賞受賞し、墨人会会員となる。「日本現代書展」準大賞受賞。

NHK通信高校講座「一休」講師。書の講演会やトークショーに数多く出演。

また、書の歴史を独自の視点で考察した「神々の書」「書人の言葉に聞く」などの研究発表がある。

書作フィールドは幅広く、山本寛斎、宇崎竜童といったアーティストとのコラボレーションや書パフォーマンス多数。多くの個展開催。

閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page